国分太一 最新ニュース

国分 教師役熱演「オレって役者」

プロローグ・オブ「ファンタスティポ」 / 堂本剛/国分太一
 TOKIO・国分太一(33)が俳優業の開眼を宣言した。国分はこのほど、北海道で行われた主演のテレビ朝日・ABC系スペシャルドラマ「いのちのいろえんぴつ」(来春放送)のロケに参加した。国分は、脳腫瘍(しゅよう)のため余命いくばくもない教え子と、向き合う小学校の先生を演じている。実話をもとにした重いテーマの作品だが「オレって、役者だな」と実感し、今後の俳優業に意欲をのぞかせた。
 作品は、03年に脳腫瘍のため11歳で亡くなった北海道厚岸郡厚岸町の小学6年生、豊島加純ちゃんの残した14編の詩と絵にその生涯を添えた絵本(タイトル同じ、作・こやま峰子)をもとに橋部敦子さんがオリジナルドラマとして脚本化した。



 国分のほか、加純ちゃん役に約300人の中から選ばれた中学1年生の藤本七海ちゃん(12)、原田美枝子(48)、片瀬那奈(25)、高橋由美子(33)らが出演。同町の休校中の小学校などを使い8月中旬から10月中旬まで、最近のドラマでは珍しいオールロケで制作される。
 国分は、日帰りでロケを行うなどハードスケジュールの合間を縫って撮影に参加。脚本について「ダイレクトに加純ちゃんの書いた詩が心に入ってきて感動した」と思い入れもたっぷりだ。
 その上で「彼女の残したメッセージを伝えなければいけない。これだけメッセージの強い役をやらせてもらったのは初めて、台本にない部分で感情が動いたりして、オレって役者だな、と思ったりしてる」と俳優としての自信を深めたようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


最新ドラマ情報

国分太一 最新ニュース

太一 処女作にチョー感激!

 同窓会 DVD−BOX / 斉藤由貴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070902-00000024-dal-ent
 TOKIO・国分太一(33)が、初の著書「タヒチ タイッチのリゾート気分で」を発売したのを記念し2日、東京・スパイラルホールでイベント「リゾート気分de青山」を開催した。
 この日は33歳の誕生日。1万2000人の応募から選ばれた200人のファンから歌で祝福された国分は「想像してた33歳はもっと大人でしたが、いまだに半ズボンですから」と笑わせた。



 公式携帯サイトで毎日更新の日記の抜粋に加え、本の装丁から写真まですべてにかかわったこだわりの一冊を手に「本を出せるとは思わなかった。続けてよかった。財産です」と感無量。「33年の間には結婚を考えたこともありました。いろんな恋愛や出会いもあった。20代は結婚願望が強かったですが、今は慌てず、ゆっくりと楽しい人生を過ごせたら」と結婚観も明かしていた。

最新ドラマ情報

美輪明宏 情報

渡辺えり子→えり、美輪の助言で改名

【送料無料選択可!】スピリチュアル エナジー [通常盤] / 江原啓之
 女優の渡辺えり子(52)が27日、渡辺えりに改名したことを発表した。東京新宿シアターアプルで行われた舞台「ミザリー」(29日初日)の稽古で明らかにした。

 最近、扁桃腺(へんとうせん)が腫れて手術するなど病気続き。トラブルに巻き込まれることも多く、6月に収録されたテレビ朝日「オーラの泉」(土曜後7・57)で、美輪明宏(72)に相談したところ「名前の画数が悪い。

いつまでも子供じゃないんだから“子”をとりなさい」と勧められたという。大安の今月26日付で改名。今後は劇作家でも「渡辺えり」として活動するといい「えり子と言われても振り返らない」と話して笑いを誘った。
(引用 yahooニュース)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。